CATV回線はコストが低い?

これでまた容量気にせず家の中でスマホ使える。エレコム無線LANルーターはAmazonに返品した。そしたら全額返金されてきた。無線LANルーターか、速度制限が怖くないぐらいの容量がほしい。クラウド等も使っていない、大容量データのやり取りも時間かかっても苦にはならないのであれば、コストを抑えられるという点ではCATV普通に有りだな。導入費用は多分CATVのデータ通信装置のレンタル料、通信費、無線LAN利用するならルーター購入費等だな。なんでこんなに無線LANの調子悪くなったんだろう。ルーターからの電波がしっかり届くように足下から棚の上に移したからってのが原因っぽいんだけど、それでも以前はこんなにブチブチ切れなかったんだけどな。どうも中継器からの電波と元からの電波を両方拾っているっぽいから元に戻した。

さすがに風呂場までとなると、無線LAN中継器使っても電波悪し。それでも、そもそも繋がらないor繋がってもパケ詰まりのように通信できないっていう前の状況からは大きく改善できたかな。スイッチングハブの導入により余った無線LAN親機を中継器としていれてみたけど、計測速度はあんま変わらないっぽいなとはいえ、割と重い動画が止まらずに再生できるからしばらくはこれで運用してみるか。無線LANでのアクセスポイントは、無線LANを構成する機器の1つで、有線システムとの中継器のことだ。今の無線LAN中継器って5000円しないんだな。家の無線LANの速度が不安定だったから、無線ルーターと中継器再起動したら、中継器が無線ルーターと繋がらない。ちゃんと中継器には、設定残ってるみたいだけど、親機に繋がらないから使えない。