無線LAN中継器の使用時に親機を認識させないといけない

試すだけ試してみるか、と自室の入口脇にあるタンスの上に無線LAN中継器置いてみたら少し受信状況良くなった気配が。親機と間接的に射線通ったのが良かったのかな。やっぱ壁の材質が悪いとかなのかな。引き寄せの法則って絶対あるぞ。ポジティブになった途端臨時収入5000円+無線LAN中継器ゲット。無線LANの機能が搭載されていないPCみたいだ。それとその新しく取り換えたモデムってのがルーターも兼用してるみたい。やっぱり物理的なものかな。中継器の故障はコワイ。無線LAN電波中継器を買えばいいのか。このところ職場の無線LANがプツプツ切れる。困った。無線LANルータが違う階にあるせいで電波がどこかで干渉しているんかねえ。感度の高い子機か中継器を導入すればいいんだろうけど、同じフロアに有線で引っ張ってきている端末があるから、それをなんとか利用できないかな。

家でエレコムの無線LANの中継器使ってるのだけど、アクセスポイントモードじゃなく中継で使ってるのに、そいつに繋がるとDHCPで降ってくるDNSサーバが上流のルータじゃなくてその中継器のIPアドレスになるという変な仕様になってる。中継器経由で繋がると名前解決ができなくなる。無線LANルータの中継器を増設完了。思った以上に安定してて安心。あとは大元の回線契約をなんとかせにゃならないな。家の無線環境、iPhone6は30Mbpsとか出るのにPS4とPSvitaが6Mbpsとかしか出なくてクソだから無線LAN中継器という物を買った。無線LANの中継器買ってきたけど親機が中継器を認識しやがらないからLANハブから有線で繋いで無線LAN専用親機にしてやった。