空冷、水冷どちらがより冷えるか?

パソコンでCPUやGPUなどを冷やす際に、空冷と水冷どちらが冷えるのでしょうか?
まず、安価な安い水冷ファンなどであると、空冷の方が冷えることが多いです、ただし空冷はあくまでも空気で冷やしているのですから、室温以下の冷却は考えられません。
水冷は局所的にCPUやGPUを冷やすことができます、しかしながら漏水の対策からシステム構築までしっかりとした環境をそろえるとなると、非常に高価になってしまいます。
空冷であれば、自室またはオフィスの温度を下げて、PCケースのファンの設置、フロント、リア、可能であれば天井とサイドも取り付ければかなりの排熱が可能となります。
やはり費用を安価にしたファンよりは、しっかりと冷える大型空冷ファンの方が良いです。
ただし、PCケースの大きさにもより、空冷の効率も変ってきてしまいます、もし所持している費用に余裕があり、設置している時間の余裕もあるのならば水冷がよく冷えます。予算たっぷりでマインクラフトおすすめゲーミングPCを買う人は水冷を選ぶ確率が高いそうです。
しかしながら、水冷ファンのメンテナンスや設置などの労力を考えると、一概にオススメできるものではありません。
しっかり局所的に冷やしたいなら、より良い、高価な水冷を、全体的に冷やし安価でまとめたいのであれば空冷をと使い分けて行くのが賢いやり方です。
折角なので、オススメの水冷ファンと、空冷ファンを紹介いたします。
・水冷ファン
かなり大きなものなので設置場所が無いと入りませんので、購入前は寸法をよく確認していただくのが良いでしょう。
5年保証がついているので、長く使いたい人に向けてオススメできます。
・空冷ファン
安価で冷却効率も良いので、コストパフォーマンスが非常に良い品物です。
音も静かな方なので、よほど音にうるさい方でなければ、気にならないと思います。
ちょっと迷ってしまったら、PCケースの大きさと相談して購入してみてください。